工務店選びのポイント

工務店に平屋住宅の設計を依頼しよう!

介護しやすい平屋のススメ

介護しやすい平屋のススメ 住宅が平屋であることは、介護される本人もする家族にとっても良い環境と言えるためおすすめしたいものです。
たとえば、2階建てや3階建ての場合に必要となる階段がありませんから、車イスで部屋の中を移動しなければならない状態であれば、寝室やトイレであったり浴室や洗面所といった場所までスムーズな動線で移動することができますし、玄関の出入りの事も考えますと平屋でしたら寝室の窓から出入りすることも可能になります。
それから、介護認定を受けられた場合には福祉事業者の方の出入りも多くなるものです。間取りを工夫することでそれぞれの部屋を見渡すこともできるでしょうから、たとえばヘルパーさんのサービスを利用される時にはコミュニケーションもとりやすく安心できます。
質の高いバリアフリー化を実現できて、住宅の中で起こりやすい事故を少なくすることも可能ですし、各室内の温度差もなくしやすい平屋ですから考えられてはいかがでしょう。

同居するときの平屋の間取りのポイントは?

同居するときの平屋の間取りのポイントは? 親や子供と同居するときに、平屋を選択したいという場合には、間取りに工夫をすることをおすすめします。
平屋は1階部分だけの住居なので、コミュニケーションを取りやすいメリットがある反面、プライバシーを守りにくいという特徴があるので、適度にプライバシーを保ちながら仲良く暮らすことができるような家を建てることがポイントになります。
具体的には、入り口を真ん中にして家の中央に共用のリビングやキッチン、ダイニングなどを配置します。両側に親世代の部屋と子供世代の部屋が左右に分かれるように配置することで、リビングやキッチン、ダイニングにいる時にはお互いに気配を感じやすく、部屋にいるときにはある程度プライバシーを保つことができるような間取りになります。
トイレやバスルームを小さくても両側に配置するとさらに効果的ですが、面積などの関係でひとつずつしか配置できない場合には、今後高齢になることを考えて親世代の側にトイレやバスルームを設置するようにすることがおすすめです。

Copyright (C) 2022 工務店選びのポイント. All Rights Reserved.